2017年5月24日水曜日

-4月23日 入団式・フライアップ式-

ブログフォロワーのみなさま、こんにちは!
今年度より運営委員を拝命し、本ブログでの活動報告の担当に加わりました。

前回のスカウトレポートに続き今回もスカウトレポートをさせていただきます!

開催から少々時間がたってしまいましたが、4/16に開催されたフライアップ式および入団式の活動をご報告致します。

歴史ある神奈川県一団も一時存続の危機を迎えた5年前から(タウンニュース参照)、今では総勢16名のスカウトが参加する規模にまでその輪を広げています。


◆開会
 2名のスカウトによる旗手入場により今セレモニーがスタートしました。

<旗手入場>

<旗に礼>

2名とも昨年のワールドシンキングデイに旗手の強化訓練を受けているため、もう完璧。
歩き方、立て方・・・etc.



◆入団式
 今回入団式を迎えたスカウトは以下の3名。
  ジュニア 1名
  ブラウニー 1名
  テンダーフット 1名


 では、順番にその模様をお伝えいたします。




<テンダーフット>
テンダーフットは小学校入学1年前(要するに年長さん)のスカウトを示します。
本日入団のテンダーさんは一名。やくそくを唱和するのも団委員長とご挨拶するのもひとりきり。
そんな中、ひとりでやくそくもばっちり言えました。
頑張って練習した甲斐があったね。

<みんなの前でテンダーフットやくそくを唱和>




<ブラウニー>
ブラウニーは家に住み着いて家を栄えさせるといわれる妖精たちのことを言います。
今日入団したスカウトも、活動をともにする仲間と一緒に鶴見の森にブラウニーを探しに来ました。
お池でフクロウおばさんに教えてもらったとおり、からだをひねって、ぐるりと回ってお池を覗いてみました。
すると・・・なんてことでしょう、お池にブラウニーの姿が現れました。
ん、どこかで見たすがた…、そうそこに映った姿は自分自身。
スカウトは、これからブラウニーのように『自分が今できること』をどんどんこなしていくことでしょう。

<お池に自分の姿を見たブラウニー>





<よろしくお願いします!>



<ジュニア>
ジュニアは小学校の高学年(4~6年生)年代がここに属します。
ジュニア部門で入団するときには旗に対してやくそくを誓うというセレモニーが行われます。
テンダーフットやブラウニーのかわいらしさを感じるセレモニーとは違い、
ジュニアになるとちょっと大人です。



<旗に誓います>


◆フライアップ

<ブラウニー から ジュニア へ>
 2名のスカウトがブラウニーからジュニアへフライアップしました。
 残るブラウニーのみんなへブラウニーの活動を頑張ってほしい旨、
 そしてパトロールリーダーになった人はパトロールメンバーをしっかりまとめてほしいと
 激励のメッセージがありました。
 

<天使の羽で飛び立つ二人>



<ジュニア から シニア へ>
 1名のスカウトがジュニアからシニアへフライアップしました。
 新たに増えたジュニアのメンバーで楽しく盛り上げてほしいとパイセンとしての
 メッセージを送りました。


<パイセンからメッセージの贈り物>



やっぱり天使の羽で飛び立ちます

<シニア から レンジャー へ>
 1名のスカウトがシニアからレンジャーへフライアップしました。
 (今回は残念ながら欠席でした)



フライアップ
 レンジャー 1名
 シニア 1名
 ジュニア 2名

入団・フライアップ後の構成
 レンジャー 1名
 シニア 1名
 ジュニア 7名
 ブラウニー 6名
 テンダーフット 1名



この日、バッヂ授与、皆勤賞・精勤賞受賞、2017年度のリーダー紹介、役員紹介をして最後にみんなで友情の輪をして閉会となりました。

2017年度、今年もいろいろな活動を通して、いろいろな技術、いろいろな思いをたくさん経験していこう!!

本年度もよろしくお願いいたします。

2017年4月22日土曜日

3月12日 年度末遠足

GS神奈川県1団ブログフォロワーの皆さま、こんにちは!
そして、初めまして!今回は見守り隊(保護者枠)からのスカウトレポートをお届けします!
年度も変わってしまいましたが、3月の年度末遠足についてのレポートとなります。

この時期としては寒くもなく、暑くもなく、アウトドアの活動として絶好のコンディショ ンに恵まれた今回の活動場所は「くりはま花の国」。
京急久里浜駅から徒歩15分の場所ある小高い丘の上、高台から見渡せば遠くの街並みが 見渡せるここは過去に在日アメリカ軍の倉庫があった場所とのこと。

花の国と銘打っているとおり、メインの入り口から数百メートルにわたり、一面のポピー
やコスモスを楽しむことができる公園です。また、アスレチック、ハーブ園、そのほかに もいろいろな施設があり、一日過ごすにしても十分活動可能な大規模な公園です。
<http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/kurihama/>


さて、年度末というと別れの季節。 今回で一団を卒業するスカウトもおり、スカウトにとってもいつもの年度末遠足とはちょっとちがった意味合いを持つ活動になったのではないでしょうか。


公園のエントランスを抜け、緩やかでなが~い坂道を道なりに進むと・・・




 




長い爪(引っかかれたら痛そう~~)、、、
大きなお口(かまれたら痛そう~~)、、、
大きなお目目(視力よさそう~~~)



ゴ・ジ・ラ だ~~~~~!!

本家ゴジラで有名な東宝により建造された公認のゴジラ(滑り台)です。 スカウトたちのスタートはもちろんここから。
全員がゴジラスライダーでアスレチックを開始しました。


(今回、ワタクシはジュニア部門最年長ぐみの見守り担当でした)
ジュニア部門の活動はいつものパトロールの枠組みを超え、ダイナミックな動きの最年長 ぐみ、仲良し四年生's に分かれ活動を始めました。
アスレチックの内容を資料、目測、そして現物の確認により
研究した最年長ぐみ。 やはりここは団結の一団、年長ぐみの号令一つで四年生's も集合し「ドロケイ」が始まりました。

自分たちでドロケイの行動範囲を決め、ルールを確認し、それらを年長者が仕切る。 四年生's は自分たちなりの意見を言う。
子供たちからしたら当たり前の行動かもしれないけど、こういう縦の環境が作れるのも大事ななんだよな~と小さい感動。。。





さて、ジュニア以上がドロケイに明け暮れているさなか、ブラウニーも 45m のローラー滑り台に挑戦!
おや?すごい格好で挑戦しているスカウトを発見!




ドロケイも終盤、四年生's の 3 名が見つからない。。。 どこに行ったんだろうと全体をくまなく捜索。。。


いた!って、ぉぃ。
 3 人一緒に逃げ場のないところにいたら一度につかまってしまうではないかっっ。





※  ※  ※  ※  ※  ※




午前中の活動も終わり、お昼になると最年長ぐみ、それ以外のパトロールに分かれお昼開始!
あちこちのピクニックシートの島からお昼のうたが聞こえてきました。
やっぱ、ガールはうたが好きだね^^

そんなところをほほえましいと思いながら見守り隊もお昼。
今日はスカウト弁当じゃなくても OK な日でしたがワタクシはストイックにスカウト弁 当!
(すいません、言いたいだけでした・・・)





※  ※  ※  ※  ※  ※




さあ、午後はお楽しみが始まります!
やはりここはクラフト大好きなガールスカウト。
なんと、公園内に落ちている枝を使って「思い出」のキーホルダーを作成します。
落ちている枝、何もしなければそのままゴミとして処分されてしまう枝までもがスカウト にとっては教材になる。
大自然も教材の一つってスカウト活動はやっぱりすごい。

ひとり、またひとりとクラフトを完成させていく。
全員のクラフトが完成し、さあ仕上げのセレモニーを始めるよ。


各パトロールで並んだスカウトたち、今日で卒業するスカウトにみんなで作ってきたメッセージカードと当日の写真でなんとリーダーが思い出ブックを作りました!!
卒業するスカウトもテレを隠せない様子。


「永遠のスカウト」
 ガールスカウトの約束とおきてを覚えている?
 スカウトになって覚えた約束、もちろんスカウトを卒業しても守ってほしい。
 一度スカウトに誓いを立てたら永遠にスカウトなんだよ。
 自分がガールスカウトになったってことをいつまでも誇りに思ってほしい。



(あとがき)
今回はスカウトたちについて本気で走り回りました。(大人げなくてスイマセン)
あいにく、ポピーやコスモスの時期にはちょっと早かったようで、畑の真ん中を通るフラワーロードは通れませんでしたが、もうちょっとしたらポピーに囲まれながら春を感じられる日が来るでしょう。
年度がかわればスカウトも進級して、フライアップするスカウトもいて、身も心も一段と成長するんでしょうね。

「見守り隊」スカウトレポート、以上です!(三指の礼)


~~ みんなも一緒に作ろう!クラフト講座 ~~
(用意するもの)
 ・枝(生きているものを折らないように!)
 ・丸カン(小さい枝につけるので大きすぎない)
 ・紐(1 人当たり 20 ㎝程度)
 ・ウッドビーズ(1 人当たり 2 個程度)
 ・キリ(枝に丸カンをつけるための穴をあける)
 ・彫刻刀(枝の側面を削って文字を書く)
 ・マジック
 ・のこぎり
 ・その他

(手順)
 1.公園内の枝を探す。
 2.のこぎりで枝の長さをそろえ、また危ない突起物を切り落とす。
   丸カンをつけるところをおおよそ平らにすると後が楽。
 3.枝の一方にキリで穴をあけ、丸カンを取り付ける。
 4.枝の側面を文字を書くために削る。
 5.マジックで日付や名前など思い思いのことを記入する。
 6.紐を通す。この時にウッドビーズも取り付け動かないように縛る。
 7.紐が輪になるように上部で縛る。

できあがり。

2016年12月17日土曜日

12月4日 クリスマス会準備&ユニセフ募金

お久しぶりの更新になってしまいました。
みなさんこんにちは〜〜

先々週の集会は、クリスマス会準備とユニセフ募金(ハンドインハンド)でした☆

明日18日には、63団を鶴見にお招きして合同クリスマス会を行います。
そこで、せっかくお呼びするのだからお部屋をかわいくかざりつけしたいよね〜〜
ということで、かざり作りをしました。

こちらはブラウニー

ガーランドというつるすタイプのかざりを作ります。














フェルトをざくざく切っています。
みんなフェルトが大好き...と思いきやフェルトの入ったビニール袋のほうが人気だったり、
謎のテンションMAX時間がおとずれたり、見ていておもしろかったです。(リーダー談)

こちらはジュニア

お客さまをおむかえする看板作りです。
カラフルに色づけして、小物でおしゃれにしていきます。

順調にしあがったので輪かざりも作っていました。
さすがのジュニア、テキパキしています。



午前中の後半からは、ユニセフ募金についてゲームをつかってお勉強。

まずはじめに、背中に貼った絵が同じ人で集まるゲーム。
このとき、しゃべってはいけません。

















絵はこんなかんじ。みんな静かな中でグループになっていきます。
このゲームには続きがあります。
絵がしめしている文章のところにグループごとに集まります。
この絵は誰が何しているところなんだろう??と考えながらてくてく。



  
無事に集まったら答え合わせ。
世界には、この絵に出てくるように、
お金や食べ物、すむところがなくて困っている子供たちがいるんだね。

つづいて神経衰弱ゲーム!

と思いきや、普通のトランプじゃない、、、?
色のちがう絵がかいてあるのです、こんなふうに。



絵と色が同じくみあわせを探します。
むずかしかったけど、無事に全部のカードを取り終えることができました。

とったカードを見てみよう。それはなにを表しているのかな??薬や毛布、筆記用具など...これは実は、みんなの募金で買えるものなんだよ〜

100円で買えるものや、100円をたくさん集めると買えるものがあるね。
さっきの物語の子供たちには何が必要かな?
なにをとどけてあげたいかな?

たくさん考えてもらいました。
募金はこうして困っている人のところに届くんだよ〜

お昼を食べ、今度は実際に募金にたちます。
途中さむさに負けそうになりながら、、、

大きな声をだしてがんばりました。

今年も、たくさんの方にご協力いただきました。
声をかけてくださる方々も。
みなさま、本当にご協力ありがとうございました。


2016年11月20日日曜日

11月20日ジュニア企画⭐️プリンづくり



前回の集会で、ジュニアは今回の集会の企画をしました❣️
ジュニアは前回、後期の活動メンバーで新しくパトロールを編成しました。
今回はそのパトロールで協力して取り組むことを目的に「プリンづくり」を企画したのです。
そしてその企画にシニアも参加してくれました〜✨✨✨

まずは材料を準備

牛乳をあたため、

卵と砂糖をマゼマゼ

温めた牛乳と卵を混ぜてプリン液を作ります

プリン液をカップに分けて…

電子レンジで

チン!

プリンが固まったところで取り出します。

カラメルをかけて…

完成〜!

みんなで協力して、とても美味しくできました。

その後のふりかえりでは、役割の担当を二人ずつにすればよかった、片づけをシニアに任せっきりにしてしまった、材料の書き方にわかりづらいところがあった、など、自分たちで次につなげる改善点に気がつくことができました。

ジュニアは片づけを任せっきりにしてしまったと反省していましたが、シニアはずっと、ジュニアが動きやすいように、自らサポートしていてくれたのです。そのシニアからは、「片づけを自分ひとりでやってしまったが、みんなに声をかけて協力してできればもっとよかった」という素晴らしいお言葉が‼️✨✨✨

ガールスカウトを長く続けていると、こんなにステキなお姉さんになるんだな〜と、リーダーは感動したのでした。

2016年9月6日火曜日

9/4 ☆ 震災支援募金 and 夏季報告会

こんにちは,9月になってしまいましたね!
毎月「はやく今月終わってくれ...!」と念じつつも,一方で時の流れの早さが怖い今日この頃です...
スカウトのみんなは夏休みも終わり,学校に行くのにも慣れてきたころでしょうか.

9月はじめの活動は,震災支援募金と夏季報告会でした.

震災支援募金は,ガールスカウトの横浜市連絡協議会によるものです.
恒例の横浜駅高島屋前で行いました.

人通りの多い日曜日の横浜駅ということもあり,たくさんの方々にご協力いただきました.
中でも,スカウトに「がんばってね」「暑い中おつかれさま」と声をかけてくれる方が多くいらして,大変勇気をもらいました.
本当にありがとうございました.

スカウトの大きな声が通りに響いていました

*****リーダーのつぶやきコーナー*****
募金をお願いする,ということは本当にむずかしいことだなあ,と改めて思う時間になりました.募金ってかんたんに説明することもできるんですが,よく考えると「あれ?そんなに単純?」と思うこともあって,むずかしいですよね.

大人の中にも自分の考えで「募金はしない」と決めている人もいます.
きちんと確かめて「募金をしたい」と思う人もいます.
募金箱の前で立ち止まってお子さんに募金をいれるように促す方もいました.

だからこそ,単純なお金のやりとりではなく,人の気持ちのやりとりだということを,
スカウトも声を出しながら実感していってほしいな,と思います.

快く募金をいれてくださる方がいると,スカウトはより一層元気に声を出すようになります.そんな様子を見ていると「ああ,きっと気持ちを受け取ったんだなあ」なんて思いました.やっているうちにわかってくる,それが募金活動なんでしょうか.
*****おわり*****

帰ってごはんを食べたところで,お待ちかねの報告会.
キャンプに行った思い出をそれぞれの形で発表してもらいました.

はじめはブラウニー部門のたんぽぽパトロールから.
重い荷物をもってがんばった話,カババスが楽しかった話,初めて行ったキャンプのナイトハイク...
一人一人からいろんなお話が聞けて,一緒にいたリーダーも「ああ,そうだったんだね〜」としみじみ.これだから報告会って楽しいですよね.


それぞれ発表する仲間を見守っています

つづいてブラウニーのうさぎパトロール.
おやすみが多く一人だけでしたが,パトロールリーダーがしっかりと発表.
いつも団ではジュニアが先導してやってしまう火おこし.今回ブラウニー食堂で初めてやりたかった火おこしができて楽しかったことを話してくれました.
キャンプだからこそできた,一段上の経験,きっと忘れられない思い出になるでしょう!


おやすみのスカウトの分も発表してくれました

つづいてジュニアのたいようパトロール.
ジュニアならではの話題,テント設営のことを聞くことができました!
初めてたてた&寝たテントのことを,絵や文章で詳しく伝えてくれました.

最初は大変だと思ったテントも今では楽しい思い出

最後はジュニアのパンダパトロール.
こちらは全員そろってカヌー体験について,絵をまじえて話してくれました.
なかなか進まなくて大変だったけれど,湖をまわって帰ってきた経験は
スカウトにとって忘れられないものになったようです.

それぞれ違った視点で描かれた絵

神奈川63団のスカウトからのメッセージもいただき,キャンプの思い出話に花が咲きました.

報告会は,保護者のみなさまと見学者の方にも参加していただきました.
夏のあいだに一回り大きくなったスカウトの姿を見て,楽しんでいただけたでしょうか.

次のイベントはりんかいフェスティバルです.
年度の後半も,がんばっていきましょう♪

by えりこリーダー

2016年8月24日水曜日

7/30-8/1*合同夏季キャンプ*3日目

キャンプ最終日。
この日はなにをするのか?というと、
とにかく「 徹  営 」これです。

要は、テントをたたみ、資材を返し、掃除をし、現状復帰して返す。

こればかっりはやらないと帰れません。
この日は朝ご飯もパンとジュース。
食べ終わったらとにかくテントをたたみます。

スカウトもここにきてお疲れの様子...でもリーダーも容赦しません。
かりたテントや資材は、きっちり点検を受けてOKがでたら返せます。
汚れていたらやり直し。

食器などの資材もきちんときれいにして返します。

点検は資材も、どこか掃除した場所でも、同じようにリーダーが行います。
パトロールで集まって整列し、パトロールのメンバーとリーダーが一緒にチェックして見ていきます。使ったところはきれいにして返す、これはガールスカウトが活動を続けていくために、自分たちも周りの人も気持ち良くすごしていくために、とっても大切なこと。










点検場所に集合するスカウト。


ブラウニー部門は使った宿舎を掃除し、部門でふりかえりを行いました。
それが終わるとテントサイトのゴミ拾いも。今回のキャンプ、ブラウニーの「小人感」が強い...

全ての片付けが無事におわったら閉会式をしました。
2泊3日の間、すごした仲間との別れ。ちょっぴりさびしい。
けれど、次につながることを感じさせる、そんなじかんでした。



手を振ってバイバイ。

番外編〜リーダー会で出た話

今回のキャンプ、人数が多かったので、いろんなことがあったはずです。
きっといつもの自分らしさを発揮出来なかったスカウトもいれば、新しい自分を発見出来たスカウトもいます。大きなキャンプになればなるほど、それだけ自分の思い通りにいかなくなることも増えます。

でも、外の世界はそんなことがたくさんあって、その様子をこうした「あったかいキャンプ」の場で体験出来たことは、スカウトにとって良い経験だったんじゃないでしょうか。

うまくいくことも、いかないことも、自分の味方(リーダー♡とかともだちとか)という存在がいる中でいっぱい経験して、後々、自分の目でいろんなことを判断できる、のりこえていける人になってほしいと、私たちは願っています。


そして、リーダーも、様々な団のやりかたを見て、お互いにそれを受け入れたり学んだりしながら、団に還元していきたいな、と感じたのでした。

今度、63団とふりかえりをします♪楽しみです♪